全身脱毛【宮崎)価格が安く効果に優れたサロンとは

宮崎でおすすめの全身脱毛サロンを紹介しています。

 

ラヴォーグ

脱毛が半年で完了しちゃうなんて、信じられますか?
なんと、全身脱毛が半年で完了しちゃうサロンがあるんです。
いま、全国展開を目指してどんどん出店している脱毛サロンなのですが、
基本的に九州や山陰地方では人気1位の脱毛サロンなのです。
他のサロンと何が違うのかというと、ラヴォーグでは脱毛の機械を自社で開発しているので
国内最高級の技術を持った機械なんです。なので、脱毛って2〜3ヵ月に1回、早いサロンでも1ヵ月に1回までしか
だいたい通えなかったと思うのですが、ラヴォーグならば2週間に1回は通うことができちゃうんです。
なので、全身脱毛の卒業までが6ヵ月という実績が出ているんですね。
冬に始めてしまえば、夏までには全身脱毛が完了してしまうので、夏に水着になる予定の人は
とっておきのプランなんじゃないかと思うんです。
そして、料金の安さも重要なところです。高いお金を出せばその分だけ結果も早く出るのはだれもが承知のこと。
しかも、半年で全身脱毛が完了してしまうサロンであれば、おのすごく高いんじゃないの?という質問や疑問がわいてきそうですよね。
でも、安心して下さい。ラヴォーグであれば、なんと月額3,200円で通えちゃうんです。
毎日ペットボトルの飲み物を我慢すれば通えちゃうくらいですよね!
他のサロンではありえない安さと効果の高さ。しかも、全身脱毛といっても全身55部位もちろん顔もVIOも含んだ55部位なんです。
なので、追加料金は不要で全身脱毛が完了してしまうのですね。そして、安さの秘密なのですが、効果も高く、仕上がりも非常に早いので

会員の人からの紹介が多くて広告費が必要ないからなんです。そして、脱毛器の開発に携わっているので、安く全身脱毛をおこなうことが可能なんですね。
2週間に1」階のペースで施術が可能なので、早く全身脱毛を終わらせちゃいたい方もラヴォーグであれば半年で終わらせられちゃいます!
エステティシャンの腕も確かなもので、ラヴォーグが運営している育成学校の卒業生が多いんです。
しかも、ラヴォーグの厳しいテストに合格しなければ一人前のエステティシャンにはなれないので、
仕事に対してプライドを持ったカリスマな脱毛師だけが無駄毛のない美肌つくりを手伝ってくれるのです。

ラットタット

カラフルな色遣いと清潔感であふれている、脱毛サロンラットタットですが、最近では全国に店舗を増やしている
全身脱毛のサロンなのです。今では、どこも脱毛サロンであふれかえっていて正直比較材料が乏しいのが現状ですよね。
しかも、ネットにはいいことが書いてあったのに行ってみたらとても不衛生で自分の肌を任せるのが不安になった。
肌荒れトラブルが起きてしまって、せっかく高いお金を払って全身脱毛をしたのに肌トラブルのせいで結局あきらめなければならないし、
皮膚トラブルを治すのに時間もお金も余計かかってしまった・・・。そんなことになりたくないですよね。
でも、ラットタットであれば、どこのサロンよりも清潔感にあふれていて、ドクターのサポートもばっちりなサロンなんです。
清潔感はサロンの入り口からも見てももちろんわかるのですが、タオルにもこだわっているんです。
他のサロンでは、タオルを使いまわししていたりすることがあるそう・・・。清潔だと思っていたのに、ほかの人が使ったタオルを
自分がまた使っていると思うとげんなりですよね。タオルだけでなくて他のものも、もしかして使いまわししているんじゃ・・・なんて
不安になっちゃいます。でも、ラットタットであれば高級品質のリネン類を一回使うたびにプロのクリーニング業者にお願いしているそう。
どこまでも清潔さにこだわっていますね。
そして、脱毛後の肌ケアですが、医療機関と連携して特別な保湿ローションを作ったそうです。
施術前と後に使用する保湿ローションなのですが、医療機関と一緒に開発した特別なものなので
コラーゲンもたっぷりふっくんでいて、これまでにない美肌効果をえられちゃうんです。
しかも、予約も取りやすいようになっていて独自の予約システムを導入しているそうなんです。予約のとりやすさも、サロンを選ぶうえで重要なポイントになってきますもんね。
1回にかかる施術時間も30分程度とどこのサロンよりも早い気がします。お客様の時間を無駄にしないように・・・との

ラットタットのどこまでもお客様目線なのがうれしいところです。予約の取りやすさが業界トップクラスということですが、それ以外にもラットタットに通う理由はたくさんありそうですよね。

全身脱毛って1回だけでも効果あるの?

全身脱毛を行う時には、多くの疑問が出てくると思います。
特に初めに契約回数を決めなければいけないサロンでは、1回でどれだけの効果があるのか気になりますよね。
結論から言うと、脱毛サロンで全身脱毛を行う際には1回でも効果はあります。
多くの脱毛サロンで取り入れられている光脱毛もしくはフラッシュ脱毛は、
今生えている毛の毛根に対して、ダメージを与えて脱毛効果を出します。
これによって、脱毛を行ってから約2週間程で自然に毛が抜けます。
これが1回でも効果がある、と言われている理由です。

 

でも中には効果がなかった、と感じている方もいらっしゃるようです。
効果には個人差があるので一概には言えませんが、元々毛が細く薄い場合や、
光のパワーが弱すぎる場合は脱毛効果を得にくいです。
そしてワキやVラインなどの毛の密度が高い部分に比べて、
指などの毛の密度が低い部分は、1回での脱毛効果はなかなか感じることは出来ません。
光の強さに関しては、強すぎると肌が火傷をしてしまったり強い痛みを感じてしまうことがあるので、
サロンの方とよく相談しながら調整するようにしてくださいね。

 

また毛には毛周期というものがあって、今生えている毛がなくなってもまた新たな毛が生えてきます。
個人差はありますが2か月から3ヶ月に一度、脱毛サロンで施術を行うことで、
毛周期に合った脱毛を行うことが出来ます。
このように何回か回数を重ねることによって、自己処理が必要なくなるような脱毛効果を得ることが出来るのです。
自己処理が不要な状態になるまでには8回以上脱毛サロンに通う方がほとんどで、
スムーズに通っても1年以上はかかります。
このことから、1回での効果をあまり感じることが出来なくても、長い目で見て脱毛を行うことが大切になりますね。

 

脱毛サロンによってはじめに契約回数を決めるところや、
回数無制限コースを設けているサロンなど、様々な全身脱毛プランがあります。
1回での効果が不安な方は、回数無制限のプランの方が安心して脱毛に通うことが出来るかもしれません。
自分に合ったサロンで全身脱毛を受けるようにしましょう。


全身脱毛って陰部も含まれるの?

全身脱毛を行う時には、どこからどこまでが対象範囲になるか気になりますよね。
特に陰部、つまりデリケートゾーンが含まれているのかも重要な情報です。
全身脱毛を脱毛サロンで行う場合、ほとんどのサロンでデリケートゾーンも一緒に脱毛出来ます。
しかし細かい内容は異なってくるようで、しっかりとそれぞれのサロンを比較することが必要になります。

 

多くのサロンで、デリケートゾーンはいくつかのパーツに分けて考えられます。
ショーツや水着を着た時に気になるVラインのサイド、Vラインのセンター、
粘膜に近いIライン、肛門周りのOラインなど、4つから5つのパーツに分かれていて、
サロンによって差が出やすいのがVラインの範囲です。
Vラインにあたる部分をすべて範囲内にしているサロンが多いですが、中にはVラインのサイド部分のみで
センター部分は範囲外になる脱毛サロンもあります。
Vラインすべての脱毛を希望している場合は、全身脱毛の範囲をよくチェックするようにしてください。
また、Vラインの毛は気になるけどすべてなくしてしまうことに抵抗がある方は、
サロンの方に相談すれば、量や形など対応してくれるので安心してくださいね。

 

デリケートゾーンの脱毛には、サロンの方に見られることが嫌だったり、
恥ずかしい気持ちがあってなかなか踏み切れない方もいらっしゃるかもしれませんが、
実は脱毛をしてしまった方がメリットが多いパーツでもあります。
元々自己処理で行うには安全面で不安がある部分なので、脱毛してしまった方が傷つけるリスクを減らすことが出来ます。
また下着による蒸れや、生理の経血による衛生面の問題も毛がなくなることによって減らすことが出来ます。
この様に水着を着るときなどの見た目のメリットに加えて、他にも多くのメリットがあるので
全身脱毛を行ってデリケートゾーンも一緒に綺麗にしてしまいましょう。
ちなみに脱毛サロンの方は皆さんプロ意識を持ってお仕事されているので、
実際に脱毛をしてみると、デリケートゾーンでも恥ずかしさを感じることはないので安心してくださいね。


アトピーでも全身脱毛できるの?

脱毛サロンで全身脱毛を行う際に、アトピーを持っている方はどうしても肌への刺激が気になりますよね。
脱毛サロンではアトピー症状があったり、肌の弱い方への脱毛行為を断るケースがあります。
理由は脱毛行為によって肌の状態が悪化してしまうなどの影響が考えられるからです。
脱毛サロンで主に取り入れられている光脱毛には、
健康な肌状態の人にとっても火傷を引き起こす可能性があります。
その為通常ではジェルなどで脱毛部分を冷やして、肌を保護してから光を当てて脱毛を行うのですが、
アトピー肌の方にとってはこのジェル自体が悪影響引き起こす可能性があるからです。

 

ただ最近では肌への影響を最小限に抑えたものや、美肌効果がある脱毛機器を使用している脱毛サロンも多くあり、
アトピー肌の方でも安心して全身脱毛を行うことが出来るサロンが増えています。
でも何点か注意すべき点があります。
まずは、脱毛サロンのホームページで情報をチェックしたり、カウンセリングの際に必ず確認をしてから脱毛を行うようにしてください。
また本格的な脱毛を受ける前に、脱毛行為によって肌への悪影響が出ないか確認するためのパッチテストを受けることが出来るので、
必ず受けるようにしてください。
そしてアトピーに対して使用している内服薬や塗り薬がある場合は、必ずサロンの担当者に申告するようにしてください。
特にステロイド剤を使用していると、光脱毛で使用する光に対して過敏に反応してしまうのでシミの大きな原因になります。
最後に、いつも診てもらっている医師に相談してみましょう。
脱毛サロンによっては医師の診断書の提出を求められることもありますし、何より安心して脱毛を受けることが出来ます。

 

アトピー肌の方は自己処理によって肌を傷つける恐れがあるので、カミソリや毛抜きなどの使用を控えて、
なるべく自分でムダ毛処理を行わないほうが良いです。
毎日の保湿ケアをしっかりと行って自分に合う脱毛サロンに出会う準備をしましょう。
そして、脱毛サロンでムダ毛処理をして全身綺麗なお肌を手に入れましょう。


入れ墨があっても全身脱毛できるの?

入れ墨がある場合、入れ墨部分やその周りを除く部分を脱毛することが出来ません。
その理由は、多くの脱毛サロンで取り入れられている脱毛方法が、光脱毛というものだからです。
この光脱毛は、肌に特殊な光をあてて、ムダ毛の色素に反応させることによって脱毛効果を出しています。
ムダ毛に限らず、ほくろや痣などの色の濃い部分にも反応してしまうので、
施術時にはほくろをシールで隠すなどして、影響がないようにします。
なので、入れ墨のような色素の濃い部分に脱毛の光を当てると入れ墨が薄くなったり、消えてしまうこともあります。
そしてほくろなどよりも色素が濃いため、強い痛みを感じて、火傷につながる恐れもあります。
また、脱毛サロンによっては入れ墨への影響を考えて、入れ墨から5センチぐらい離して脱毛を行うところもあるので、
例えワンポイントの入れ墨でも全身脱毛を行う際には、施術出来ない部分が広がってしまいます。
せっかく全身脱毛をするからには、ムダ毛を残したくないですし、
入れ墨で施術が出来ない部分の返金制度があるわけではないので、金銭面でも非常にもったいないですよね。
ただ、脱毛サロンのなかで光脱毛以外の脱毛方法を取り入れているサロンでは、入れ墨があっても全身脱毛出来る可能性があります。
それはニードル脱毛という脱毛方法です。
ニードル脱毛というのは、光脱毛とは違い、毛穴に針を刺して毛根からムダ毛にダメージを当てて脱毛効果を出すものです。
ムダ毛1本1本に対して施術を行うので、光脱毛のように色素は関係なく、入れ墨が入っていても全身綺麗にすることができます。
ただ、ニードル脱毛は資格を持っているエステティシャンや医療機関でしか施術が出来ない上、

脱毛時の痛みが強いので、現在このニードル脱毛を取り入れているサロンはとても少ないです。
現在入れ墨をしていなくて、今後入れる予定がある方は先に脱毛をしておいた方がおすすめです。
余計な心配をせずに脱毛サロンでの全身脱毛を受けることが出来ますよ。


全身脱毛中に日焼けしても大丈夫?

サロンやクリニックで脱毛を依頼すると1回や2回の施術ではおわりません。年6回前後で全てが終了する予定となります。その間はもちろんお肌に気を配らないといけない期間となりま
す。そこで、全身脱毛の期間中に日焼けをしてもいいのでしょうか。この期間は年間を通して数回に分けてやっていくものですね。その期間には必ず夏がやってきます。そのタイミングで
海や山のレジャーを楽しみたくもなります。しかし、ここで要注意です。脱毛の期間中は、日焼けをすることはやめてください。これは、効果に必ず影響が出てしまうことなので辞めてい
ただきたいです。具体的には、脱毛効果が下がってしまうことがあげられます。また、日焼けをすることでお肌は乾燥した状態となっています。カサカサ肌になってしまったぐらいならい
いかもしれませんが、乾燥も今後の脱毛に影響してしまいますので注意が必要となります。ここまでは、サロンやクリニックのスタッフさんも困ることでもありましたが、日焼けをしてし
まうことで、ご本人が一番つらい思いをすることとなる原因を案内いたしますと、日焼けした後の脱毛施術で痛みが増してしまうことです。日焼けにより肌はダメージをうけていますので
、どのような方法の脱毛確実に痛みがひどく出てしまいます。この痛みに耐えればいいだろうと甘い考えを持たない方がいいと思われます。もし日焼けを望んでいなかったのに日焼けをし
てしまった場合も同じようになってしまいますが、サロンやクリニックに問い合わせてみて下さい。ほてりがあったり痛みがあったりと症状があった場合には、次の予約を伸ばすとか次の
施術までの対策方法など相談してみる事も可能です。そのままにしておくよりも少し注意を受けてしまうかもしれませんが、対策を聞いて実行しておいた方が自分に痛みが降りかかるより
もよっぽどいいかと思われます。どちらにしても日焼けはできるだけしない方がよさそうですね。


全身脱毛の施術の前後にお酒を飲んでもいい?

サロンでの全身脱毛はアルコールの入った状態の体での脱毛は受け付けません。これは受け付けないというよりも決まりになっています。お酒が体内に入っていることにより普段ではない
事につながる恐れもあるからです。施術当日や前日のアルコールが体内に残っていると、まず体温があがっていますし血流も普段以上の流れになっています。これはアルコールに強い弱い
の問題ではありません。お酒に強い人でも必ず変化が起きています。この変化の中で脱毛に踏み切ってしまうと肌トラブルになる可能性はものすごく高くなります。お肌の乾燥を守ってい
るのは、お肌の水分ということはわかっているでしょうか。アルコールが体内に入っているということは、アルコールの刺激で体内の水分は急激に減っている状態になっています。お酒を
飲むと異常なまでにオシッコにいきたくなりませんか?あれはこの現象に大きくかかわっています。飲んだ量に対してそれ以上の量の水分が体内から出されていきます。これは飲酒される
方は誰でも経験のあることでしょう。このような方は、説明した意味が身をもってわかられるでしょう。この状態の脱毛は危険だとわかっていただけたでしょうか。これは、当日の飲酒で
なければいいというような問題ではありません。体内に残っていること自体がいけないので、もちろん前日の飲酒も控える必要があります。アルコールは飲酒後12時間は必ず体内にのこ
っています。これは車の運転指導でも習っていることです。危険な状態と判断される状態ですので、この時間は脱毛に関してもどのような症状がでるかわからないので、やってはいけない
時間となります。アルコールはさまざまな現象や状態を作ってしまいますので、危険といわれても仕方がありません。このように危険な状態ではサロンやクリニックも責任を持った施術は
できません。あくまでスタッフはプロの仕事をされます。そのような状態で行くことは失礼なことですから辞めておきましょう。


全身脱毛って痛いですか?

全身脱毛といっても、その個所によって部位があります。正直言ってどの部位を脱毛しても痛みはあります。その中で色々な脱毛の記事で痛みはありません。などの記事がありますが、そ
れは痛みが少ないと思っていただいた方がいいのかもしてませんね。ではどこが痛みが強いのか、どこなら痛みが弱いのかを解説していきます。では痛みが強い部分からの説明に移ります
。圧倒的に痛みが強い個所は、デリケートゾーンです。脱毛では有名な話で申し訳ありませんがダントツで痛いです。デリケートゾーンの少し上で、へそ下に近くなると痛みはそんなにあ
りません。しかし、デリケートゾーンで毛の濃い個所に近くなると痛みは強くなっていきます。次に痛みが強いのがわきです。やはり毛の濃い部分はデリケートゾーンと同様で、わきも痛
いです。わきは毛の生える範囲が狭いので、なんとか我慢しやすいことが救いですね。痛みが強い個所は毛が濃く太いということは、これを脱毛するとすっきり見えることは間違いないで
すから、痛い個所ほど効果が高い傾向にあります。次に足の甲や指です。指は神経が細かく通っていますし、足の甲は皮膚が薄いのが痛みの原因です。ここと同じくらい痛いのが膝まわり
もです。この関節まわりも痛みがあります。関節は骨と骨とがつながる場所なので、皮膚が薄く感じ痛みがでます。膝下やひじも同じです。この辺になると毛の濃さは薄くなってきますが
、頑固な毛が多い範囲です。その原因として薄い毛のうちに脱毛すればそんなに痛くないのですが、カミソリなどで処理していたら毛は濃くなっています。この部分でも毛が濃くなってい
たら当然痛みが強くなります。脱毛方法やサロンの技術、脱毛機器で痛みは異なってくると思いますが、平均的に考えるとこのような個所に痛みが集まります。我慢強い方は大丈夫でしょ
うが、痛みに弱いと思われる方は後悔されないように是非参考にされてみてください。


生理の時に全身脱毛できますか?

生理中の全身脱毛はできるだけしない方がいいです。基本的には体のバランスの問題ですから、無理にしてしまうと体調を崩してしまうことにつながります。デリケートゾーン以外ならで
きない事もなさそうと思われるでしょうが、極力避けておいたほうがよさそうです。理由についてご説明していきます。オススメしない一番の理由として、生理中に脱毛してしまうと効果
が期待できなくなる可能性が高いからです。ホルモンバランスが関係していることで、むだ毛が生えるタイミングにズレが生じます。サイクルがおかしくなることで脱毛効果は薄れてしま
います。効果をだすために考えた末のサイクルを実行していますので、そのサイクルに生理が重なったとしても、計画はずれてしまいますが無理やり実行しない方がいいのです。これだけ
ではありません。生理中は痛みをいつもより痛く感じてしまい、さらに肌あれになる可能性が高いこともあげられます。これにもホルモンバランスが関係しており、ホルモンの乱れは肌を
守る力が弱くなり、刺激や痛みに弱くなります。生理中乾燥肌になったり、吹き出物が増える症状があるような人がいますが、まさしくそのような人はホルモンの乱れで肌が弱くなってい
る証拠です。たとえば絶対に痛みを感じないような施術でも、このような時期には痛みを感じてしまう方がいらっしゃいます。それくらい肌が敏感になっているわけです。サロンやクリニ
ックの都合にはなりますが、そのような時に出血をおこされお店が汚れてしまう事もお客様としても考えておきましょう。自分都合だけでは判断できないし、してはいけない部分もありま
す。結論から言うと生理中の脱毛は、自分の事とお店の事を考えてもどちらにせよしないほうがよさそうですね。


93